【構築】ガラガラスタンとLetsGo!ママンボウ


はじめに

この記事は2019.05に特別ルールで行われたダブルフォーマット仲間大会に参加した時の構築記事です。
特別ルールの内容は以下の通りです。

* 6-4ダブル
* 使用できるポケモンは「でんき」「みず」「じめん」の単タイプと「ノーマル」の複合タイプのみ
* 「でんき」「みず」「じめん」をそれぞれ2体ずつ採用しなくてはいけない
* 使用できる攻撃技は一致タイプとノーマルタイプのみ(変化技は制限なし)
* めざめるパワーは使用禁止
* メガシンカなし、Z技あり
* 準伝説クラスは参加不可

このルールで自分が作ったパーティがこちら。

勝率はまだやってないのでわかりませんw 後日記載します。
まずはこのパーティに至る経緯について解説したいと思います。

概要

まず率直に、このルールでは地面ポケがかなり強いと思いました。
理由としては、全タイプに攻撃が一貫する上に、防御面でも電気が無効で、弱点である水タイプも周りのポケモンで受ける術が潤沢にあるので、攻め受けどちらでも役割を持ちやすいためです。
逆に電気タイプはかなり微妙な立場で、地面はもちろん、避雷針などの電気吸収特性持ちもたくさんいるので、そもそも攻撃を当てることすらままならない上に、水にも地面にも耐性がありません。
水タイプは地面にバツグンが取れますが、地面耐性は無い上に、呼び水・貯水・乾燥肌などで容易に攻撃が吸われてしまいます。
上記のことから、「地面エースと周りのサポート」という戦略が本ルールで最も強い方針になるだろうと予測を立てました。

また、ルール内にトリックルームの使い手が居ないのも注目ポイントです。
S操作手段も限られており、シンプルにSが速くて火力のあり、攻撃が一貫するポケモンがいれば、そのまま試合を決定するだけの力を持っているのではないかと思いました。
そうして真っ先に採用を決めたのがスカーフホルードと、唯一の追い風使いであるネオラントの二体です。


この二体は、横に並んだ時の呼び水のシナジーと、縦に並んだ時の電気/水受けのシナジーがあり、シンプルながらも強力な並びです。
ネオラントは火力は低いように見えますが、タスキで塩水の条件が発動すれば、ゴルダックのドロポン並みの火力が出ます。

次に検討したのがネオラントと並んで先発起用ができるポケモンです。
当初はSが高く、変化技による展開も期待できる電気ポケモンを検討しましたが、前述の通りこのルールにおける電気はかなり弱いです。
そのため、電気枠の先発起用は見送り、代わりにガラガラを採用しました。


ガラガラは避雷針によりネオラントの即死を防げるだけでなく、高いAとBから地面同士の殴り合いにも強く、初手で出すことでダメージレースを有利に進めることができる非常に優秀なポケモンです。
Sが気になるところではありますが、追い風と合わせれば130族を抜くことも可能です。

ガラガラ/ネオラント/ホルードの三体で攻守ともにほぼ完成されれいて、あとは何でもよくない?とは思ったのですが、この並びでは範囲水技が受け切れない事に気づきました。
ゴルダック+ニョロトノなんかの水攻めはネオラントの追い風で対抗できなくもないですが、ガラガラを捨てるという相当勿体無いプレイングを強いられてしまいます。
そこで、こう言った場合にガラガラの引き先として検討できるポケモンを探しました。
そこで白羽の矢が立ったのがママンボウとエレザードです。


ママンボウは水だけでなく、高い物理耐久により地面にもある程度受けだしする事が可能です。
何よりワイドガードを覚えるので、範囲攻撃相手には強く出れますし、再生力と豊富な回復技で腐りにくくレヒレのような感覚で使えます。
これら芸当は他のポケモンにはできず、代わりがきかないので即採用を決めました。


エレザードは運用が難しい電気ポケモンの中では頭一つ抜けた性能をしています。
まず水に対して受け出せて、そのまま水を縛れるポケモンはエレザードしかいません。
当初は地面受けができるシビルドンを検討しましたが、地面に対して受け出してもこちらから打点を持てない点、対地面はガラガラで殴りあえば良い点、ガラガラの引き先として水を受けなければならない点から採用を見送りました。
エレザードはハイパーボイスをタイプ一致で習得でき、全タイプに打点が持てるのもめちゃくちゃ優秀です。


最後の1匹は悩みました。
悩んだ結果、ライチュウを採用しています。
ライチュウを採用した理由は猫騙しミラーによって相手の猫展開を阻止するためです。
明確にこの展開がきついというのが見えているわけではないですが、何かあった時の保険として最速の猫使いを持っておくのは悪い手ではないでしょう。
一応避雷針を持っているため、ネオラントのカバーとしても機能します。

こうしてパーティとなる6体の並びが決まりました。


個別解説

ガラガラ


ようき / ひらいしん / ふといホネ
まもる / じしん / ホネブーメラン / おんがえし
H 252:ぶっぱ
A 44:あまり
S 212:追い風下で130族抜き

先発エース。
追い風下でサンダースとかに仕事をさせない130族抜き。
マルマインは知りません。
地震とブーメランは出し分けたいので両採用してます。
シビルドンや電磁浮遊やつにも打点が持てるように恩返しも一応採用。
滅び/積み/威嚇対策として呪いも検討しましたが、殴った方が強そうなので見送り。

ホルード


ようき / ちからもち / こだわりスカーフ
おんがえし / ギガインパクト / からげんき / じだんだ
H 60:あまり
A 252:ぶっぱ
B 4:4ふり
D 4:4ふり
S 188:スカーフ込みで130族抜き

後発スイーパー。
この火力でノーマル一致技が一貫するのがとてもずるい。
耐久もこのルールで使えるポケモンとしてはそこそこある部類です。
汎用の恩返し/地団駄は確定で、熱湯火傷を引いても腐らない空元気、起死回生のギガインパクトを採用しました。
電光石火はスカーフとの相性面を考えて捨てました。

ネオラント


おくびょう / よびみず / きあいのタスキ
まもる / おいかぜ / しおみず / どくどく
H 4:あまり
C 252:ぶっぱ
S 252:ぶっぱ

先発追い風マン+ジメンズを呼び水で守る役目。
Sが足りないので避雷針や猫で、ある程度保護してやる必要はあります。
タスキは追い風の発動と塩水の火力アップどちらにも有効で最適だと思います。
毒はママンボウでワンチャン逃げ切るように採用。
対追い風ミラーは必須選出予定ですが、パーティー全体のSが早めなので選出不要な場合も多々あると思ってます。

ママンボウ


ずぶとい / さいせいりょく / たべのこし
ワイドガード / いやしのはどう / ねがいごと / どくどく
H 252:ぶっぱ 16n
B 156:11n
D 100:あまり

範囲攻撃防ぐマン。
ワイドガードが採用理由なのでこれは必須です。
Bにかなり厚いので地震の巻き込みも許容できます。(ガラガラ地震三割のイメージ)
癒しの心は発動が三割と考えると、カバルドンとかのあくびループ時にこれに頼るよりは再生力でいいかなーと思ったり思わなかったり。
再生力だと、願い事からの交代で二体分回復出来てお得です。
ワイガと回復技を連打する事になるので守るは見送りました。
ほんと要塞なので対策を怠るとこいつで詰みです。

エレザード


ひかえめ / かんそうはだ / ノーマルZ
まもる / ハイパーボイス / 10まんボルト / そうでん
H 4:あまり
C 244:11n
S 252:ぶっぱ

水受け水縛りマン。
ニョロトノゴルダックみたいな水攻めに受け出しできて逆に縛り返せるのはおそらくこいつしかいないです。
ガラガラのバックアップとして最適なポケモン。
ハイボ/ハイボZの打ち分けも優秀で、地面技も送電で誤魔化せるのは本当にずるい。
放電を覚えないので仕方なく10万を採用しました。
ボルチェンは多分打つ機会もないし打ちたい場合も火力が足りないかと。
送電は避雷針で吸えるので要注意。

ライチュウ


おくびょう / ひらいしん / だっしゅつボタン
ボルトチェンジ / ほうでん / アンコール / ねこだまし
H 252:
C 4:
S 252:

猫阻止マン。
猫展開がきつい相手に出して行きたい。
あらゆる点で他のポケモンに劣るので、本当に効果がある場合以外は極力選出を避けたいところ。
とにかく猫をたくさん打つためにボルチェンと脱出ボタンを採用。
残りは詰み対策のアンコール、麻痺狙いの放電で完全なるサポート型になってます。
火力はホントお察し。
ハマる核心がある場合だけ出したい。

選出

対 水攻め(単体系)基本選出


最も火力とスピードのある選出です。
ネオラントが追い風貼って早々に退場したらホルードで掃除。
ガラガラが死にそうならエレザードで受けます。

対 水攻め(範囲系)

or

ネオラントの追い風が不要だったり、波乗り濁流等の範囲水を主軸に据える相手はこれで行きます。
単水と範囲水の出し分けをして来そうならネオラントを、範囲水だけならエレザードで十分です。

対 地面攻め


地震がメイン軸だった場合、ネオラントでS有利を取りながらママンボウでワイガして詰めて行きます。

対 猫展開や変なコンボ


相手の猫騙しターンをライチュウでごまかしつつ、追い風を貼って対抗。
アンコや猫ボルチェンで妨害工作をしつつ、ホルードとガラガラの火力でゴリ押しを狙います。

さいごに

ガラガラホルードママンボウ強いよね?
ルール内でできる強いことは全部盛り込んだし、何気にまとまりのある完成度高いパーティだと思ってるので、机上の空論にならないことを願います。
構築の手応え的にはサンシリーズのルナゼルネ並みにあリマス。
皆さんもぜひママンボウを使ってみてください。

出典

画像:http://hikochans.com/pixelart/pokemon-list


Comments
comments powered by Disqus